スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
バウルー
2008 / 05 / 29 ( Thu )
 ホットサンドを朝食にしたら素敵だ、子供も喜ぶのではないか?
モッフルとかも流行っているみたいですね。
そう思ってホットサンドメーカーを購入しようかなどと考え、色々調べたみました。
どんなのがいいかなぁ。

 キャンプ場でも利用できるといいなぁ。
ガスで焼くタイプだと電気のものより早く焼けて、外側パリパリの、中はふんわりらしい。

 キャンプで有名なスノーピークのトラメジーノはやっぱ高いなぁ。
シングルよりダブルの方が食べやすいかも。
コフランキャプテンスタッグのは除外だな。

 楽天でユーザレビューの良かったバウルーなら手ごろで良さそう。
早速ポチッとしたら、なんと素早い!
次の日には届きましたよ(笑)
すぐに使ってみました。
我家はIHなので、コンロを朝から出してきて(笑)
 きれいに挟むのは、難しい~~。
はみ出たとこが焦げちゃいましたが、カットすれば済むこと。
ハムとスライスチーズ、表面にバター。
早い早い!あっという間に焼けました。
美味しーーーい!(^^)!
今度は何をサンドしてみようかなぁ。

 
スポンサーサイト
19 : 31 : 05 | 日々の事など | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
クレマチス
2008 / 05 / 19 ( Mon )


 今年はクレマチスいっぱい咲いてくれました。
去年はピンクのビーズジュビリーの方が沢山つぼみをつけたけど、
今年は、H.Fヤングの美しい藤色が目を楽しませてくれました。

200805191445000.jpg


 続いて、バラのピエール・ド・ロンサールが咲き始めました。
私がこよなく愛す可憐なカップ咲き。そのロマンチックな美しさにうっとりです。
今年も蕾が100以上付いてます。
大好きなこのバラは、ご近所さんに配ったり、園にもって行かせたり
いろんな人に毎年楽しんでもらってます。
ピエールをもらった人は、とっても素敵な笑顔をしてくれるので嬉しいな。

 今年買い増したミニバラたちもどんどん咲いて、今年は当たり年です。
・・・・が、虫の方も大発生。
毎日毎日、葉っぱを食い荒らす虫と戦っていますが、殺虫作業中にも
卵を産み付けにブ~ンブン飛んできてイラつきます!
今、育ててるバラは12種類やってもやっても終わりませぇん(+o+)

16 : 19 : 24 | | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
森のまきば
2008 / 05 / 15 ( Thu )
森のまきばキャンプ場
200805050832000.jpg


 去年のGWからキャンプに行きだした初心者キャンパーの我家は、
まだまだ行った事のないキャンプ場がいっぱい。
「森のまきば」は、前から行ってみたかったキャンプ場の一つ。
牧歌的なこのキャンプ場は、総サイト数400という大きなキャンプ場。

 今回は2泊3日で利用しました。
とにかく天気が悪くて、炊事場やトイレに行く度、ビョショビショの牧草にやられ足元がビショ濡れ。
トイレは簡易トイレで水不足になりやすくって、水が流れない~~。
お風呂もないし、シャワーはめっちゃ遠いし。
 でも、不思議とまた行ってもいいなぁと思える大らかな気分になれるキャンプ場です。

 今回は、2日目の朝から江川海岸に行ってきました
すごい人出にたじろぎましたよぉ(ー_ー)!!
こんなんでアサリ採れるのかしら?ってくらい
入場するのにさえ、ずらーーーって行列です。かるく300人以上は並んでるって感じ。
トイレの行列も、これまたすごい!

 だけどねぇ。
採れるの(≧m≦)いっぱいアサリ
子供でも簡単に採ってました。楽しいぃ♪
もういい止めようと言いながら、ガンガン採れるので止められない止まらない。
結局、8キロも収穫しちゃいましたよ(笑)
潮干狩り

また来年のGWは房総でキャンプ&木更津で潮干狩り!
これは決定でしょう!
潮干狩り2
17 : 04 : 56 | キャンプ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
森の牧場
2008 / 05 / 09 ( Fri )
17 : 50 : 37 | キャンプ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
心の新芽
2008 / 04 / 16 ( Wed )
 以前、コミュニケーションワーカー/教育カウンセラーの、萩野ゆう子さんのお話を聞く機会があり
その優しい人柄のにじみ出るような、話し方や声、そしてお話にとても感動しました。

 心が傷ついた時に、荻野さんに出会えた子供、もちろん大人はラッキーだろうなぁなどと
考えちゃう私は、ちょっと不謹慎かも・・・。

 タイトルの「心の新芽」とは、
中学に入ってすぐに不登校になった少年が、中三になって高校への進学を
決意した時の言葉だそうです。
悲しみをはきだすと、心の新芽が出てくるんだよ
週に一度、三年間続けてきたカウンセリングの最後の日だったそうで、
いろんな事があり、すべてに投げやりになっていたけど、この言葉には、
「もう一度やり直すんだ」という強い意志がこもっていたそうです。

 なんだか、とてもジンとしました。
トラブルがあった時、だれかに聞いてもらうだけで、解決はしなくとも、
心が軽くなるような時ってありますよね。
そういう時って、心の新芽が出た瞬間なのかもしれません。

 私の場合、息子の事でいろいろあってモヤモヤしてた時、
ブログに書いたことにより、いろんな方から励ましてもらって、涙が出るくらい嬉しかった。
これから、どうしようと途方にくれていた私が、前向きにがんばれたのも、支えてくれた人達のおかげです。
元気な時、何事も順調な時、自分一人で、がんばれてる気になってしまう事もあるけど、
そうじゃないんですよね。

 荻野さんは、
「孤立したり、引きこもりになる前に、周りのだれか一人でもいいから自分から声を
かける力を身に付けさせて」と呼びかけた。
弱音を吐いてこそ、もう一歩前へ踏み出せるのかもしれませんね。
15 : 58 : 07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。